ボイトレ講師の求人はここをチェック

ボイストレーニングの求人はネット検索するとたくさんヒットします。その中からどれを選べばいいか迷いますが、自分の都合にあわせて働きたいのなら、スタジオの場所が固定していること、対象者が絞り込まれていること、専門性が高いことを基準に選ぶとトラブルが少なくなります。腹式呼吸やボイストレーニングを習っただけの人がトレーナーとして専属になることが多く、トラブルになっていますし、教える側もあちこちのスタジオに出向いて決まった時間だけレッスンをするというスタイルが多く、移動時間や空き時間のロスが生じることが不満としてあげられています。音楽スタジオやボイスレッスンスタジオといった固定スタジオがある求人で、通いやすいものを選ぶことで不満をなくすことができます。

ボイトレ講師の資格をチェックすること

ボイトレ講師として採用するにもかかわらず、音楽の専門性がない人、スキルがない人を採用するケースが増えており、レッスン生にとまどいが生じることがトラブルになっています。カラオケではなく、発声や発音などもレッスンに当然含まれることになりますから、経験者優遇は当然のこと、音楽大学卒や楽器演奏ができる人などが当然期待されることになります。資格がほとんど重視されておらず、都合にあわせて働ける、熱意があればよいといった広告で求人募集している場合には応募を避けたほうが無難です。楽器専門店のミュージックスクールではどのスクールでの募集なのか、どんなスキルが求められているのかがはっきりと掲載されています。トレーナーとして活躍したいのであれば客観的に証明できるスキルを持っていることが前提となります。

ミュージカルなどの専門性が高いものを選ぶ

発声、発音、腹式呼吸などは実践できるだけでなく、レッスン生にわかりやすく理論も説明しなければなりません。そのため自分ができればよいというのではなく、喉の開き方を教えたり、歌唱力を身につけるためのコツを指導しなければならないことになります。特にミュージカルなどの専門性が高い分野はレッスン生のほうもスキルがありますから、トレーナーに実力がないとすぐに見破られてしまうことになります。ギターやピアノなどのレッスンとは違い、実力があるかないかがわからなくてもレッスンが成立すると安易に考えているようなボイストレーニングレッスンではレッスン生にもトレーナーにもメリットがありませんし、時間のロスにもなります。レッスンによってはカラオケレベルで向上したいというものもありますので、副業としてプロとしてトレーナーをやるのであればスキルを求められるレッスンに参加するべきです。