ボイトレ講師の求人に求められているものとは

転職や就職を考えている方の中には、音楽に関わる仕事に就きたいと考えている方も多いのではないでしょうか。中でも、歌が好きで歌を教える仕事に就きたいと考える方もいらっしゃることでしょう。音楽教室では、講師不足に陥っている音楽教室も多いですが、音楽を趣味にしている方は多く、カラオケでも手軽に歌を歌えることから、プロを目指していなくてもレッスンに通う方が増えています。しかし、通常の企業のように求人サイトでの募集はあまり多く見かけません。では、音楽教室でボイトレ講師として働きたい場合には、どのようにして探せばよいのでしょうか。また実際に働き始めるにあたり、どのような業務を行い、どのような能力を求められるのでしょうか、ここでは応募方法や業務内容、求められる能力についてお伝えをしていきます。

仕事の探し方と求められている能力

まず初めに求人の探し方ですが、音楽教室のホームページなどで募集をしていることが多いですので、それらのサイトから探してみると良いでしょう。そして、応募する場合には音楽教室が提示している条件を満たしている方が応募した方が良いですが、どのような条件が多いのでしょうか。まずは教育理念を掲げていることが多いので、それに共感できるかどうか、他の条件としては音楽大学を卒業してボイトレ講師の経験があるかどうか、もしくは目指していた方などは優遇されやすくなります。単純に歌がうまいだけでは駄目で、やはり専門的な音楽の知識が必要となってくる為、音楽大学などの教育機関を卒業している方を対象としている音楽学校が多くなっています。音楽教室では講師不足が進んでいますので、即戦力として働ける方を求めている場合が多い傾向にあります。

働き始めた後の具体的な業務内容

実際にボイトレ講師として働き始めたら、どのような業務をこなしていくのでしょうか、具体的にご紹介していきます。当然ですが歌を教えることがメインの業務になるのですが、生徒は一人ひとり違いますので、それぞれに合った教え方をしていく必要があります。歌を教えるだけですので、基本的には歌に関しての知識が必要になるのですが、音楽教室によってはピアノを弾いて教えることもありますので、楽器も弾けると良いでしょう。また生徒に指導をすることだけが仕事内容ではありません。例えば事務作業をすることも多く、その際にはパソコンを使用してワードやエクセルといったアプリケーションソフトを使いこなす必要があります。現代社会においては、パソコンの操作は必須の能力になるのですが、その点においては音楽教室であっても例外ではありません。