ボイトレ講師の求人はここで見つかる

歌に興味があるといった方は多いと思いますが、もしも歌に関わる仕事をしようとした場合には、プロの歌手になるほかにも、バックコーラスや着うたなどの歌手として活躍をすることができます。そんな数ある歌に関わる仕事の一つにボイトレ講師の仕事があるのですが、IT業界や飲食業界などのように求人サイトを探してみても、中々探し出すことが難しい仕事でもあります。では、もしもそのような仕事をしたいと考えている場合には、どのようにして探すと良いのでしょうか。ここでは、どのようにして仕事を探せばよいのか、さらにはどのような人を求めているのかや、業務内容はどのような業務内容なのかについてご紹介をしていきますので、歌を指導する仕事に興味のある方は参考にしてみてください。

どこを探せば仕事が見つかるのか

ボイトレ講師の仕事を探そうと思っても中々通常の求人サイトを探してみても見つけることが難しいですが、どのようにして探せばよいのかお伝えをしていきます。そもそも歌を教えているのは音楽教室や音楽の専門学校になりますので、最も確実に探す方法としては、それらのホームページで募集していないか探す方法です。ただし、募集をしているからには応募条件がありますので、それに自分が当てはまっているのかも確認をする必要があります。一般的に音楽教室では音楽大学を卒業している方を求めています。と言うのもただ歌が上手いだけでは、教えるには不十分で音楽教室では専門知識をしっかりと学び、それが備わっている方を探しています。そうなってくると音楽学校を卒業している方、もしくは指導経験がある方を優遇している傾向にあります。

歌を教えるだけではない、具体的な仕事の内容とは

音楽教室では専門的な知識を持っている方を求めていますが、それは大前提として他にも行わなければいけない業務がありますので、それについてご紹介をしていきます。まずは、当然ボイトレ講師のメイン業務は歌を指導することです。そのため音楽の専門知識はもちろんですが、最も必要なことは歌に関する知識になります。発声方法や呼吸方法、音程の取り方、リズムの取り方などを総合的に指導していきます。その為にはピアノを使う必要も出てきますので、ピアノが弾けることも大切な条件になります。また事務作業も必須となるケースが多く、パソコンのワードやエクセルが使えなければいけません。ですので、音楽の知識だけではなく、パソコンを使った事務作業のスキルも必要不可欠な仕事内容になります。